紅茶派閥

紅茶派閥メンバーの日常をお届けします。毎日更新。

のじぎくチーム優勝

こんにちは こうがです。

前回は個人戦だったので今回はチーム戦のことについてです。

使用デッキはメメント入りバスターでレシピはシオンの記事に載っているので今回は握るまでの経緯とレポを書いていきたいと思います。

 

メメント入りを使うまでの経緯〜

前日に自分含めトップ4にバルチュリス入りバスターが3つ入賞し改めてバスターの強さが証明ました。

2日や3日連続でCSがある場合にデスザークのような個人のプレイスキルによって対面ごとの勝率が大幅に変わるようなデッキタイプが入賞しても次の日は同タイプは増加せず、逆にそれをメタったデッキタイプが増加し、バスターやジョーカーズ等の誰が使ってもある程度の勝率が出せるデッキが入賞した場合翌日増加することが多い(と思う)(正直よく分からん)(完全感覚Dreamer)(同型メタカードで翌日差をつけろ)

 

というわけで不毛な同型戦を制するための構築を考えるために早めに会場を出て家に帰ろうとしたのですが気づけば

f:id:dmkoutya:20180510115009j:image   f:id:dmkoutya:20180510115045j:image

(そら420ゲームやめのやつ落ちてたら打つやん・・・許してや)

 

19時すぎに会場を出たはずなのに家に着いたのは0時前で即寝落ち。目が覚めたら朝の7時で即会場Goする羽目に

会場で話合ってメメントの案は出てきたものの白の枚数が決まらず下手にいじるよりは昨日のままの方が良いのではと揺らいだ時にシオンが『GPメメントが使いたい』と言ったのでメメント入りを使うことに。その時にあばさん達が作っていたメメント入りバスターのことを思い出してその時の構築を引っ張ってきて白の枚数の参考にして構築が完成しました。

・予選

1〜3回戦の間昨日の反動がきたのかまっったく引きが噛み合わず0ー3、チームは2ー1でなんとか耐えてる状況。

4回戦  始まる前に『次負けたら参加費全負担やで』と言われチーム的にも個人的にも負けられない所で相手はデスザーク。じゃんけんに勝ち先攻をとり『卍着地の前に3キルパーツ揃えれば俺の勝ちや!頼む!!』と祈りながら手札を見た所初手には

f:id:dmkoutya:20180510121320j:image f:id:dmkoutya:20180510121329j:image f:id:dmkoutya:20180510121337j:image

勝ち チームも勝ち

 

その後も続けて3キルハンドで勝ちチームも勝ち、最終戦負けて5ー2でオポ上がり。

・本戦

1回戦デスザーク ✕〇✕ チーム勝ち

3キルするか4ターン目卍着地するかのゲームでした

2回戦 赤青バスター 〇〇

メメントのおかげで勝ち。2本目に相手の場にタップされているバスターと鬼龍院が居り、こちらがメメントと単騎で単騎をウララーで攻撃した時にライデンでブロックしてライデンを破壊したのですがその時に鬼龍院効果を使うのを忘れておりこちらに単騎が残ったままターンが帰ってきたのでそのままホーリーケアしながらバスターで走って勝てました

 

準決勝 落城 ✕〇〇

1本目は綺麗に動かれて負け。

2本目は相手がカマスを引いておらずチュリスバスターで走るもチューンバイケン×2で止められてしまう。自分の場には朧だけで相手の場には殴れるクリーチャーがHDM含め4体、手札にライデンはなく盾からメメントとライデンを捲らなければ負けの状況でHDMワールドブレイクからめくれたのは

f:id:dmkoutya:20180510122710j:image f:id:dmkoutya:20180510122727j:image

勝ち。三本目は相手が事故った所を走って勝ち

 

決勝 赤青バスター 〇✕〇

負けた試合がカマスを引けずそのまま走られて負け。それ以外はお互いカマスで盤面が膠着した所をメメントを使い処理して勝ち。優勝

 

ひたすらメメントが最the強な1日でした。

 

対戦してくれた方々、アヴェ・マリアを貸してくれたプラズマさん、運営の方々

そしてチームを組んでくれたよざぴーとシオン

本当にありがとうございました

 

それでは